男女

固定電話のメリットを知ろう|コストダウンをするには

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 固定電話加入のために

固定電話加入のために

wifi

電話会社との解約で

最近は携帯電話も一人一台の時代になり、自宅に固定電話がない家庭も増えてきています。特に固定電話がなくても不便さを感じないのも大きな理由の一つですが、固定電話をひくためには電話加入権が必要だからです。この電話加入権は電話会社と契約するために必ず加入しなければならず、正しくは施設設置負担金と言いますが、まだ電話が一般家庭に普及していない時に固定電話をひく際に設置料を負担してもらっていたのが始まりです。この電話加入権は72000円だったのですが、2005年3月以降、半分の36000円になりました。しかし現在では全国どこでも電話が繋がるようになったので、電話加入権も必要なくなる時代がくるかもしれません。

やはり必要固定電話

しかし電話加入権が半額の料金になったとはいえ、以前加入料が高いのには変わりありません。もし固定電話が必要なくなった場合、名義変更を行えば家族や親戚にも譲渡することができます。その際は電話加入権を新たに支払う必要もないので、必要な手続きだけすませるだけとなります。また電話加入権販売をしている業者もあり、新規加入するよりもかなり安い値段で購入することができます。しかし中には名義変更がされていなかったり、解約手続きがすんでいない場合もあるのできちんと確認してから購入しなければならないでしょう。まだまだ全体の8割以上が固定電話を引いています。携帯電話も便利ではありますが、いざという時の固定電話もやはりまだまだ必要でしょう。